【古い車でもスマホで音楽聞きたい問題】ラウダのFMトランスミッターがあれば解決!

マイカー関連
スポンサーリンク

4人家族の私たちの愛車は16年も乗っている軽自動車1台だけ。

「車なんて乗れたらいいやん」という考えで、どこまで乗れるか挑戦中です。

車に内蔵されているカーオーディオはMDを入れる所があり、CDかMDで聞いています。

いや、聞いていたんです

ラウダのFMトランスミッターを買うまでは。

bloothtooth機能もないし、本当に周波数を合わせるだけのシンプルな作りだけどCDやMDの代わりには十分すぎるほどの品物です!

しかも音楽聞きながらスマホの充電できるとか最高じゃないですか。

古い車だからスマホで音楽なんて聞けない…と諦めないで!

FMトランスミッターがあれば、思ったよりも手軽にスマホの音楽が楽しめることができるんですよ。

この記事ではラウダのFMトランスミッターの使い方や感想をご紹介します。

 

ラウダのFMトランスミッターに決めるまで検討したこと

今までは車で音楽を聞くためにレンタルCDで好きな音楽を借りてきて、パソコンでCD-Rに入れたものを車に持ち込んで聞いていました。

しかし、最近近所のレンタルCDが1枚100円→250円に値上げ!!

1曲借りるのに250円なんて払えるか~!と思ってまず考えたのが、スマホをオーディオにつないで聞くという方法。

ネットで調べて出てきたのが

  • FMトランスミッターをシガーソケットに差す
  • オーディオやカーナビのAUX端子にAUXケーブルをつなぐ

という2通りの方法。

AUX端子が車についていれば、AUXケーブルとスマホをつなげるだけで綺麗な音声で音楽が聞けるという情報が沢山出てきて「これだ!」と思いました。

しかし…車内を探しても探してもAUX端子は見つからない。

分かりにくい場所に設置してある場合もあるようなので、私が見つけられないだけかもしれませんが古い車だとついていないこともあるみたいです。

純正のオーディオの裏側に外付けでAUXケーブルをつなげる方法もあるようですが、怖くて私には無理。

そうなると選択肢はFMトランスミッターだけになりました。

FMトランスミッターとはカーFMラジオの電波を通してスマホの音楽が聞けるというもの。

沢山ある中で私が購入したのは上のラウダのFMトランスミッター。

本当にコレをシガーソケットという穴に差すだけで音が出るのか疑心暗鬼だったのでとりあえず試しに買ってみるか…という感じでした。

でもあとからパッケージを見たらラウダは世界で初めてFMトランスミッターを開発した会社だということが書いてあったから同価格帯の中では選んで正解だったのかな。

 

FMトランスミッターを選ぶ際、USBケーブルの種類によってandroid・iphoneのどちらに対応しているのかという点は気をつけましょう。

また、12V・24Vの2種類がありますが、大型トラックや外車でなければ普通乗用車は12Vがほとんどになります。

FMトランスミッターの使い方

車内でシガーソケットの位置を確認したら、ハンドルの左わきにありました。

16年前からずっとカーナビをつけている場所です。

 

カーナビの情報は古すぎて今やほとんど使っていなかったので、カーナビのケーブルをシガーソケットから引っこ抜いたら直径2㎝ぐらいの穴が、、ほんとにあった!

恐る恐るトランスミッターを差してみると

 

ピタリとはまってライトが点灯しました。ほっ、使えそう。

次にカーFMラジオの周波数と、FMトランスミッターの周波数を同じ数字に合わせなければ音楽は流れてきません。

ラウダのFMトランスミッターは88.7と87.7があり、音が乱れない方を選ぶことができます。

切り替えはつまみスイッチで簡単に変えられます。操作はこれだけ。

あとはトランスミッターのmicroUSBプラグをスマホのイヤホンジャックに取り付けて、好きな音楽を再生すれば、カーFMラジオから音楽が流れ始めます!

FMトランスミッターといえば気になるのが音質。

FMラジオを聞いてる時にも電波が届きにくい場所にいる時にザーザー聞こえるあの耳障りな音のことです。

雑音が入ってストレスになったら嫌だなあと思っていたのですが、運転中聞いている分にはほとんど気になりませんでした。

耳をすませばかすかにザー・・という音が聞こえるような?程度です。

車内でもクリアな音声で音楽を楽しみたいという方にとっては向かないのかもしれませんね。

音楽をダウンロードしてオフラインで再生できるスマホアプリ

スマホでジャンル問わずたくさんの音楽を楽しむには、音楽配信アプリの登録が手っ取り早い方法です。

多くの音楽配信アプリがありますが、どれも初月1ヶ月無料という場合がほとんどだったので、

会員になると曲をダウンロードしてオフライン再生ができて評判が良い3社をお試しで登録してみました。

アマゾンプライム会員なら無料で使えるAmazon Musicは100万曲以上が聞き放題なのに対し、Amazon Music Unlimitedは6500万曲以上が聞き放題!

音楽配信アプリの中でも群を抜いて多いラインナップです。

無料体験1ヶ月後は月額980円ですが、プライム会員なら月額780円で利用できます。

androidスマホの人ならシステムアプリとして始めから入っているので、アプリをインストールしなくてもすぐに使えます。3500万曲以上が聞き放題で、洋楽だけじゃなく邦楽の流行り曲もしっかりラインナップされています。

無料体験1ヶ月後は月額980円ですが、キャンペーンをやっているときに入ると月額780円の時も。

dヒッツといえば邦楽の曲数が多いのが特長です。他の音楽配信アプリには取り扱っていない星野源や中島みゆきなどの人気アーティストの曲もダウンロード可能。

曲数はAmazon Music UnlimitedやGoogle playほど多くありませんが、無料体験1ヶ月後は月額500円で利用できる安さが嬉しいですね。

聞きたい曲が聞き放題のアプリにない場合は…レコチョク!

今夏の旅行に向けて自分や家族が聞きたい曲をどんどんダウンロードしていっている最中なのですが、何千万曲も入っているはずの音楽配信アプリですら「聞きたい曲が入ってない!」ってことがあるんです。

たとえば大人気の米津玄師や、娘が好きなプリキュアの曲は音楽配信アプリで無料で聞けるものは見当たりませんね。

でもどうしてもこの曲を車の中で聞きたいという願いを叶えてあげたい。

ダウンロードできる音楽配信アプリがないのか調べていると、「レコチョク」というサイトにあれもこれも欲しい曲、ありました!

月額利用料は払わなくても、1曲250円で好きな曲がダウンロードができるので、どうしても音楽配信アプリで見つからないって時はレコチョクを覗くといいですよ。

 

みなさんもスマホにお気に入りの曲をたくさん詰め込んで、ドライブを楽しみましょう!

 

ゆしこ

関西在住の専業主婦「ゆしこ」です。
結婚と同時に夫が購入した新築マンションに住み始めるも、人間関係に病んで4年で売却することに。
その後賃貸に2回住みますが、長男の小学校入学前を機に4LDK築19年の中古マンションを購入してまたまた引越します。
現在は10歳8歳の子供を抱えながら住宅ローン返済中!
このブログでは結婚7年で4回の引越しを経験した筆者の新築マンション購入・売却体験談、インテリア選び、住宅ローン返済、子供と出かけたスポットなどについて紹介していきます。

ゆしこをフォローする
マイカー関連
スポンサーリンク
ゆしこをフォローする
一周回ってまんしょんらいふ2

コメント

タイトルとURLをコピーしました